コーポレート部門の代表パートナーで、M&A、キャピタルマーケッツ、国際取引、ベンチャー投資、コンプライアンス等の分野を中心に業務を行っている。

四大法律事務所、ニューヨークの投資銀行を経て現職。DLAパイパー参加後は、コーポレート部門の中核メンバーとして、多くの著名案件を担当。 Chambers Global/Chambers Asia Pacific(2015年度版以降)/ Legal 500(2019年度版以降)/ The Best Lawyers(2020年度版以降)等の各種媒体、評価機関において、最新版まで毎年継続してランク入りしており、Asia Legal Businessにより、『Dealmakers of Asia 2020』に選ばれている。M&A、国際取引、ベンチャー投資、海外上場に関して、多くの講演、執筆も行っている。