コーポレート部門のパートナーであり、化学メーカー、エネルギー事業会社や自動車メーカーを含む様々な業界のクライアントに対して、クロスボーダーM&A案件(対外投資及び対内投資)を中心として、ジョイントベンチャー、その他の企業法務に関するアドバイスを行っている。日本企業による米国、欧州及び東南アジアでの買収案件、欧米企業による日本企業や事業資産の買収案件を多数手掛けている。 また、不動産取引案件(種々の投資スキームの構築、不動産ファイナンスを含む。)についても幅広い経験を有している。