世界中に展開するフル・サービス・ローファームとして、当事務所は世界各地で企業買収、事業提携、株式公開、コンプライアンス・プログラムの策定等、さまざまな案件に従事しています。グローバルで蓄積したノウハウと各地の法制に精通した実務家の知見を活かし、複雑な国内案件はもとより、多様なクロスボーダー案件を取り扱っており、世界的に展開する企業、海外への進出を視野に入れたベンチャー企業等を支援するのに最適な体制を備えています。

キャピタル・マーケット

  • 近年、資本市場のグローバル化、証券取引所の統合等により、日本国外での株式上場、複数市場での同時公開をする契機が日増しに高まっています。当事務所は、こうした企業の海外進出を支援しており、アメリカ、香港、シンガポール等の証券取引所における上場案件を取り扱っています。近時、NASDAQでは実に15年ぶりとなる、日本企業による株式公開案件にも関与しました。

M&A

  • 特殊なノウハウ・技術や、特定地域での顧客層等、M&Aがもたらすメリットは計り知れませんが、他方でシナジー効果の検証、買収後の統合作業等、リスクの大きい方法でもあります。当事務所は、対象先の選定、独占交渉権の設定、デュー・デリジェンス、各種契約書作成、社内意思決定を補助する各種意見書作成、クロージング、買収後の統合作業支援や人事政策等、企業が直面するさまざまな問題について、経験豊富な弁護士が一貫してサポートします。必ずしも多くの企業が日常的に経験する分野ではないだけに、法律事務所の果たす役割は大きく、世界各地に展開する当事務所ならではの、各地域の実情に即したアドバイスが提供できると考えています。

ベンチャー・キャピタル

  • 経済活動のグローバル化によって、スタートアップ企業にとっても国境によるハードルは著しく低下しています。現在では、ベンチャー企業が当初から世界中でサービスを提供し、また世界各地から出資を受け入れる事例も、もはや珍しいものではなくなっています。クラウド・ファンディングはその好例といえるでしょう。
    当事務所の米国西海岸における歴史は古く、現在名だたる大企業に成長したシリコン・バレー出身企業を創業当時からサポートしてきた実績があります。特筆すべきは、長い歴史の中で培ってきたVCとの良好な関係を活かし、資金ニーズのあるベンチャーに出資のマッチング・サービスを提供している点でしょう。これは、シリコン・バレーの成長に初期から関わってきた当事務所ならではのサービスといえます。現在では、西海岸だけでなくロンドン、アムステルダム、香港その他ベンチャー育成の中心となっている各都市において、専門の弁護士が創業期特有のさまざまな問題を解決しています。

コーポレート・ガバナンス

  • 世界展開する企業にとって、海外子会社や拠点にどれだけの自治権を与えるか、また、その活動を本社がどのようにコントロールするかが、共通の課題となっています。近時、FCPAをはじめとする腐敗防止法の取締強化や、独占禁止法被疑事案について各地競争当局が連携し一斉調査を行う等、コンプライアンスに関するニーズは次第に高まっています。
    当事務所は、こうした依頼者のニーズを受け、各企業の実情に即したガバナンス制度の確立、グローバル・コンプライアンス・プログラムの策定について、フォーチュン誌上位にランキングされる企業を日常的にサポートしています。近時、米国や欧州での制裁が高額となっていることもあり、日本企業からのニーズも次第に高まっています。

一般企業法務

  • 当事務所は、日本企業の子会社設立や支店開設による海外進出、また外資系企業の日本拠点設立およびその運営に伴うさまざまな法律問題を扱っています。前者については、現地の税制や各種規制法を見据えた戦略的なアドバイス、現地ビジネス・パートナーとの各種契約書作成、事業提携や撤退についても全面的にサポートいたします。後者に関しては、税務グループ、労務グループ等と連携の上、外資系企業が日本で抱える国内規制法に関する問題、国際税務、人員削減、役員の選任・解任、オフィスの賃貸借や取引先との各種契約書作成等、外国語に堪能かつ国内実務に精通した弁護士が、本国との制度の違いを踏まえ、日本拠点の担当者が本社に適切にレポートできるよう全面的にお手伝いさせていただきます。