規制法プラクティス

当事務所の訴訟・仲裁・規制法プラクティスグループでは、日本進出を検討する外資系企業や日本向けの業務を行う企業に向けたアドバイスを中心に、日本で事業を展開していく上で必要な法規制についてのアドバイス、必要な許認可の取得等に関するサポートなどを行っています。

また、当事務所は、世界的に展開しているローファームとして、各地に産業分野ごとにその地の実務や規制法に精通した実務家を備え、クロスボーダーで事業を展開する企業が直面する異なる法制の遵守のニーズについても支援する体制を整えています。

東京オフィスにおいては、現在、成熟した日本社会における産業のニーズを反映し、その取り扱う分野は、金融・保険業、医療・ライフサイエンス分野、通信分野などにわたっています。また、このほか、産業分野を問わず、輸出入に関する規制、マーケティングに関する規制、消費者の取引保護に関する規制、独占禁止法に関する相談なども広く取り扱っています。

訴訟・仲裁

当事務所で取り扱う紛争案件は、国際的な取引に関するもの(仲裁)、外資系企業の日本現地法人における労働案件などを中心としています。